TOP  石材・構成・セット  工事の流れ・施工  和型・洋型墓石 お宮・鳥居・仏壇  字彫り・付属品   価格(セット)
 宇都宮・霊園価格  法事・宗教  開眼、魂入・墓相  3D無料キャド  問い合わせ・見積り 会社概要

法事、仏事、お札・年回忌一覧表

宗教と宗派・墓石
神宮ーお神札
お神札ー祀り方
お神札の祀り方
弔い上げ(とむらいあげ) 17回忌か33回忌に行うことが多い(問い切りとも言う)
初七日  最近は葬儀当日に行うことが多い
四十九日 忌明け(きあけ)とされています
お斎(おとき) 法事や法要の後の食事会
荼毘(だび) 火葬の事
法要 一般的に読経、法話を指すが現在は法事と同じ意味で使われている
法事 法要からお斎までを言う
お布施 開眼供養、魂抜き、魂入れについてのお布施はこちらでご覧下さい
塔婆
卒塔婆(そとうば)
梵字、戒名、経文等を書いて亡くなった方への供養の板
形は五輪塔とおなじように空、風、火、水、地を表す
納骨堂 本来は、お骨をお墓に納めるまでに預かる場所である
埋葬方法 土葬、火葬、散骨、樹木葬、自然葬(海、山、空)  
墓地 公営霊園・寺墓地・自由墓地・共同墓地・樹林墓地
永代供養墓 (えいたいくようばか、えいたいくようぼ)
お墓参りできない方の為のお寺で供養する墓
新盆 にいぼん、あらぼん、しんぼん、はつぼん
仏様が49日を迎えての最初のお盆です。
床取り(床掘り) 現在は殆どいませんが、昔はお墓を掘る方がおりました
50回忌前にはお骨を「土に返す」場合が多い(法事の納骨時に返すお寺もあります)
御通夜、葬儀の挨拶の言葉
「この度はご愁傷様でした。お悔やみ申し上げます。」
と小さい声で挨拶をするのが無難かと思います。
宗派 開祖 本尊
真言宗 空海(弘法大師) 大日如来 大日経・金剛頂経
浄土真宗 親鸞(見真大師) 阿弥陀様 南無阿弥陀仏
浄土宗 法然 阿弥陀様・観音様・勢至菩薩 南無阿弥陀仏・無量寿経
時宗 一遍 阿弥陀様 阿弥陀経
曹洞宗 道元(承陽大師) お釈迦様 法華経
臨済宗 栄西(千光法師) お釈迦様が多い
日蓮宗 日蓮(立正大師) お釈迦様・日蓮聖人 法華経
天台宗 最澄(伝教大師) 定め無し 法華経・大日経
※ 日本には約72,000のお寺があります。 2014年

般若心経

永平寺 般若心経ビデオ   般若心経 ビデオ 摩訶般若波羅蜜多心経 Prajna-paramita Hrdaya Sutram
 

宗教・宗派と墓石

真言宗 南無大師遍照金剛 戒名の前に「ア」の梵字を付けることが多い。
浄土宗 南無阿弥陀仏 戒名に「誉」を付ける。
墓石は戒名の上に「キリーク」を付けたり、戒名の代わりに「南無阿弥陀仏」を付ける場合がある。
浄土真宗 南無阿弥陀仏 戒名「ではなく「法名」になる。
男性には「釈」、女性には「釈尼」を付ける。
位牌、卒塔婆はない。過去帳になる。
天台宗
南無阿弥陀仏 戒名の前に「ア」の梵字、または「キリーク」を付けることが多い。
曹洞宗臨済宗 南無釈迦牟尼仏
墓石に「円相」が彫られることがある。
日蓮宗 南無妙法蓮華経 戒名と言わず「法号」と言います。女性には「妙「」を付ける。
墓石に「妙法蓮華教」と書くことが多い。
  
 神葬祭   戒名ではなく本名の後に大人(うし)、刀自(とじ)、霊、命、命霊、霊位
という風に神社が霊号を付けます。
葬儀等に数珠は使用しない。
拍手は「忍び手」で音を出さない。
棹石には「奥津城」、「奥都城」、「奥城」を付けることが多い。
石塔は角柱型で頭頂部が とがっている。
焼香はしないので香炉、線香皿は不要ですが置いてある墓石もあります。
神社での葬儀は明治維新の頃に神仏分離の考えで行われるようになったようです。