藤井聡太四段 再度10連勝

藤井聡太四段が昨日は順位戦のC級2組の6回戦で、脇謙二八段との対戦で71手で勝利しました。
素人目ではこれからが難しいなと思っていましたら、脇八段があっさりと投了しました。解説の佐々木勇気6段の解説で何とかわかりましたが、指していけば20~30手は進むのでしょうがプロとしてはお互いに読み切っていたのでしょう。
将棋初心者の私はいつも今日は負けそうだなと思っていると、いつの間にか勝利に近づき最後は時間を置かずに差し切っていますね。
29連勝の後に6敗しましたが、完全に立ち直っている感じがします。(現在公式戦49勝6敗)
6敗はいずれも相手が20代棋士で後手番なので、これからは若手との対戦が注目されます。
(下記を参考にして下さい・役立つ無料広告)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA