藤井聡太・師匠に恩返し

師匠の杉本七段に恩返し

2月17日に五段になったばかりの藤井聡太さんが、朝日杯で羽生竜王を破り決勝で広瀬八段に完勝して賞金700万円と六段の昇級を勝ち取りました。
未だ中学生15歳の天才棋士の活躍は目を見張るものがありますね。
四段プロデビュー当初から応援しておりますが、29連勝の時よりも安定感が出ているような気がします。
暮に深浦九段との試合での逆転負けをした時の悔しがりはすごかったですね。この件を境に勝ちを急がなくなったようですね。

参考・優良スポンサーの役立つ無料広告



3月8日には師匠の杉本七段との対局があり、千日手の指し直し後ほぼ完勝の形で恩返しをしました。弟子との対局をするという珍しい試合でしたが、天才聡太くんの成長を再確認をしてある面で納得して安心したと思います。
次週の三枚堂六段には前回の雪辱を、これ又完勝の形で勝利し現在15連勝です。来週は早指しの糸谷八段戦ですね。

藤井聡太棋士のすごいところは相手の得意戦法を真正面から受けて戦う姿勢ですね。いろいろ~流、~システム、~マジックとかがありますが藤井六段は居飛車で相手に正々堂々と挑む姿勢のようで、やはり最終的には小さい頃からの夢の「名人」を目指しているようでどのような戦法に対しても勝利するという気構えを感ます。それこそ「本物の名人」ですね。
もしかしたら羽生永世七冠を超える可能性もあります。

将棋は殆ど実戦が無く詰将棋を楽しんでいるような初心者、観る将ですがいつも楽しみにしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA